【最新更新日 :2018年08月12日 日曜日


がんとの付き合い

平成17年に罹った病気から、8年後に再発して現在治療中です。あまりネガティブな話は面白くないので、何かしらお役に立てる情報をと、経験をまとめてみました。病気をした時のご参考になればと思います。よろしくお願い致します。尚、私は現在は生まれてこの方最も体調が良く元気で、毎日趣味の読書や交流会、囲碁などに余暇を過ごしています。
(2016/10月現在)

   【 タイトルをクリック! 】  きっかけ  期  間
1  闘病日記  平成17年09月27日  2005.11.30 ~ 2005.12.22
2  入院日記 平成25年02月23日  2013.03.22 ~ 2013.03.30
3  投薬入院日記 平成25年04月18日  2013.05.07 ~ 2013.05.16
4  パラプラチン&TS-1投薬記録  平成25年05月26日  2013.05.26 ~ 2015.11.12
5  その後の副作用との付き合い 平成25年11月13日~ 2017年07月24日 月曜日 更新
6  二度目の投薬治療 平成30年6月1日~ 2018年08月10日 金曜日 追記!


(2015/01)
 『食べて治す「ガン」の特効食』という本を見つけ読みました。早速試してみることにして、「アガリクス茸」を漢方薬局で求め、併せて煎じ用の土瓶も購入し、毎日2回飲む習慣を始めました。これが驚くなかれ、2ヵ月目ぐらいから効果が現れてきました。といっても、キノコがガンに直接効くわけではありません。煎じたものを毎日飲むことで、体の免疫力強化が図られ、体調が良くなって結果として悪玉細胞をやっつける力がついてきて、結果的にガンが治る確率が上がってくるという事のようです。
 私の場合は、現職時代下痢状態がひどく、腸の蠕動運動など感じたこともなかったのですが、飲み始めてから腸の調子が驚くほど改善し、「毎日毎朝のお通じ」が来るようになり、合わせて全身の体調が非常に良くなりました。腸の調子が良くなると、体全体の調子が良くなるのが良く分かります。トイレが心配で外出中常にイライラしたり、「駅と駅の間でモヨおしてきたらどうしよう」などとストレスがたまる生活でした。これがすっかり治ってしまったのです。信じられないかもしれませんが事実です。
 ガンの原因がストレスであることも実感しましたし、再発防止にはストレス解消が第一であることも実感しました。
人によっては効果が出ない方もいるようですが、私の場合はバッチリでした。シイタケなどの菌類にも同様の効果があるようです。

(2015/10)
 尚、現在は2年半以上続けている抗がん剤をいったん中止してみようか、というところまで改善して来ています。

(2015/11)
 診察の結果、投薬効果も上がり前例がないほど良くなってきているとのことで、投薬を中止して経過を見ることになりました。ステージ4Bの転移性肺がんと言われて、よくここまできたものだと我ながら驚いています。

(2016/01)
・台湾旅行へ行った折り、「北投石」が目に入り最終日に買い求めました。北投石から発する微量放射線が、がん抑制効果があるということで、早速調べてみると、「ホルミシス効果」という効果が理科学的に証明されているようです。
ラドン温泉やラジウム温泉が体に良いと言いますが、今、身に付け愛用しています。藁をもすがる思いです(笑)。



・台湾では、腕輪と同時に、飲料水に入れて使用する北投石も購入し、現在も愛飲しています。北投石を水に漬けておくと、微量放射線やマイナスイオンが水に放出され、同様に「ホルミシス効果」や「マイナスイオン効果」が期待できる由。

(2016/05)
 FBで、たまたま『日本がん治っちゃったよ協会』のブログに出合いました。さまざまながんの病気を抱え、克服しようと努力している人たちの集まりです。病気を受けとめて、それと正面から立ち向かう皆さんの生き方に共感を覚えます。くよくよするよりは、治そう、治る! と思って、寛解めざして毎日を大切に生きる生き方は、自分自身が病気になって得られた貴重な悟りです。
 ◎『日本がん治っちゃったよ協会』のブログ 【 http://profile.ameba.jp/gannao8686/

(2017/09)
・三ヵ月に一度、関西労災病院へ定期検査へ通っているが、8/26検診でCTに今まで映っていなかった数ミリの固まりが映った由。CTの解像度ではまだはっきりしないので、次回の検査で確認し、再再発しているようであれば、投薬等の治療方針を考えるとのことだった。憂鬱になるが、取り敢えずは、体調を良くして免疫力や抵抗力が落ちないように気をつけよう。
  ➡ 2017/11月の定期検査で、問題なしと判定された。ホッ!

(2017/10)
・今月から「爪もみ」を始めることにしました。以前読んだ本で紹介されていたものですが、免疫力強化の簡単な療法としてお金もかからず自分でやるだけですので、効果を期待して始めます。

(2017/12)
・「国立がんセンター」のホームページはには、参考となる有益な情報がたくさんあります。必見!
 右のバナーをクリック! ➡  

(2018/02)
◉定期検査で、昨年11月に問題なしとされた個所の固形ガンが成長していることが分かり、次回の再検査で、再び抗がん剤を始めるか、切除するかを決めることになった。以前から取り残されていたのがあったのは知っていたので、次回までに自分で決めなければならない。取っちゃった方がすっきりするか!

(2018/05)
検査結果、肺の複数個所で進行している由。一個だけ手術でとっても意味ないので、再び抗がん剤を服用することになった。二年半ぶりの投薬治療。抗がん剤の投薬同意書を読むと、副作用がびっしり書き込まれており、さらには、「合併症により死亡に至る可能性もありますと書いてある。これで同意せよと言われても・・・。飲まないという選択肢も勇気がいるので、従うしかない。ま、投薬は経験済みなので、副作用に負けない心身の鍛錬をするしかない。
  ➡ 以後の経過は【 二度目の投薬治療 】の項をご参照下さい。


◎医療関連の読書履歴

 病気になってから興味を持って読み出した本がたくさんあります。恐らく自分が病気にならなければ決して出会うことはなかったと思います。その意味で病気のお蔭と言っては変ですが、生き方、考え方、日々の生活習慣、人との付き合いなどなど、人生のすべてが病気を治すこととつながっていることを、本を通して知りました。特にガンのような病気の場合、落ち込んでしまうことも多いと思いますが、そんなことを吹き飛ばしてくれる本に出合ったのです。特殊な治療とか宗教とか療法ではなく、日々の過ごし方次第で免疫力を高め、病気を治せるということを感得しました。出会った本の中には、今まで無意識のうちに自分が取っている行動とか、考え方があり納得したものです。機会がありましたらぜひご一読ください。
 特に、今後自分は病気にかかるかも、と心配しておられる方には多くの示唆があり、予防医学として大変参考になると思います。
 又、病気の知識が深まれば深まるほど、不思議と恐怖心が取れてくるものです。何も知らないでいると何となく不安で過ごすことになりますが、知識が深まるほど自分の病気を冷静に見られるようになるものです。

了月 書籍名
(抜き書きやコメントにリンクしています)
著者 出版社 自己評価  コメント
82 18/08 たとえ病むとも 重兼芳子 岩波現代文庫
81 18/07 患者よ、がんと闘うな 近藤 誠 文春文庫
80 18/07 新版 がん細胞の誕生 黒木登志夫 朝日選書
79 18/06 病になる・病が治るということ 山下 剛 草風館
78 18/06 それでもがん検診うけますか 近藤 誠 文春文庫
77 18/05 がんは心で癒せる 帯津良一 大和出版
76 18/04 がんは切ればなおるのか 近藤 誠 新潮文庫
75 18/04 生き方の研究 森本哲郎 新潮選書
74 18/04 抗がん剤の副作用がわかる本 近藤 誠 三省堂
73 18/02 セルフ・コントロールの医学 池見酉次郎 NHKブックス
72 18/02 ガンを治す大事典 帯津良一 二見書房
71 18/01 ぼくがすすめるがん治療 近藤 誠 文春文庫
70 17/11 がん抑制の食品事典 西野輔翼 法研
69 17/11 元気が出る患者学 柳田邦男 新潮新書
68 17/11 実例「免疫革命」の名医たち 安保 徹・福田 稔 講談社+α新書
67 17/10 もっともくわしいガンの本 矢沢サイエンスオフィス 編 学習研究社
66 17/10 細菌の逆襲 吉川昌之介 中公新書
65 17/09 偽善の医療 里見清一 新潮新書
64 17/09 癒しの時代をひらく 上田紀行 法蔵館
63 17/08 タンパク質の一生 永田和宏 岩波新書
62 17/08 腸は考える 藤田恒夫 岩波新書
61 17/07 99・9%が誤用の抗生物質 岩田健太郎 光文社新書
60 17/06 「治るがん」と「治らないがん」 近藤 誠 講談社+α文庫
59 17/06 生命の暗号 村上和雄 サンマーク文庫  
58 17/05 粗食のすすめ 幕内秀夫 新潮文庫
57 17/04 清潔はビョーキだ 藤田紘一郎 朝日新聞社
56 17/04 よくない治療ダメな医者 近藤 誠 三天書房  
55 17/03 ガンを超える生き方 土橋重隆 徳間書店  
54 17/03 免疫革命 実践編 安保 徹 講談社
53 17/02 免疫革命 安保 徹 講談社+α文庫
52 17/01 わたしを見かけませんでしたか? コーリイ・フォード 早川書房 ・「笑いと治癒力」で紹介されていたジョーク集。
51 17/01 医原病 近藤 誠 講談社+α新書  
50 16/12 いまの食生活では早死にする 今村光一 リュウブックス  
49 16/11 自然な療法のほうがガンを治す 今村光一 編訳 徳間ブックス  
48 16/10 「余命3ヵ月」のウソ 近藤 誠 ベスト新書  
47 16/09 新・心療内科 河野友信 PHP  
46 16/09 奇跡のリンゴ 木村秋則 幻冬舎文庫  
45 16/08 幸せはガンがくれた 川竹文夫 創元社  
44 16/07 アホは神の望み 村上和雄 サンマーク文庫  
43 16/06 未来免疫学 安保 徹 インターメディカル  
42 16/06 遺伝子からのメッセージ 村上和雄 朝日文庫  
41 16/05 引退しない人生 曽野綾子 PHP文庫  
40 16/04 「薬をやめる」と病気は治る 安保 徹 マキノ出版 ☆☆  
39 16/04 人はなぜ治るのか アンドルー・ワイル 日本教文社  
38 16/02 癒やす心、治る力 アンドルー・ワイル 角川文庫  
37 16/01 医療が病をつくる 安保 徹 岩波現代文庫 ☆☆  
36 15/12 笑いと治癒力 ノーマン・カズンズ 岩波書店  
35 15/11 ガンは自分で治せる 安保 徹 マキノ出版  
34 15/11 いまなぜ代替医療なのか 帯津良一[監修]
上野圭一・CAMUNet[著]
徳間書店 ☆☆  
33 15/10 9割の病気は病気ではない! 岡本 裕 講談社  
32 15/09 がんを治す「仕組み」はあなたの体の中にある 真柄俊一 現代書林  
31 15/08 9割の医者はがんを誤解している 岡本 裕 飛鳥新社  
30 15/08 生命のバカ力 村上和雄 講談社+α文庫  
29 15/08 9割の病気は自分で治せる 岡本 裕 中経の文庫  
28 15/07 こころと遺伝子 村上和雄 実業之日本社  
27 15/07 がんを治すのに薬はいらない 真柄俊一 幻冬舎  
26 15/06 がんが自然に消えていく10の習慣 田村 周 現代書林  
25 15/05 医者に殺されない47の心得 近藤 誠 アスコム  
24 15/04 僕はガンと共に生きるために医者になった 稲月 明 光文社新書  
23 15/04 大往生したけりゃ医療とかかわるな 中村仁一 幻冬舎新書  
22 15/04 新 治る医療、殺される医療 小野寺時夫 中公新書クラレ  
21 15/04 満足死 奥野修司 講談社現代新書  
20 15/03 人間にとって成熟とは何か 曽野綾子 幻冬舎新書  
19 15/03 死をどう生きたか 日野原重明 中公新書  
18 15/03 がん放置療法のすすめ 近藤 誠 文春新書  
17 15/03 ガンを治すにはキノコエキスを飲みなさい! 劉 雲宝 ジーク出版  
16 15/03 間違いだらけの抗ガン剤治療 梅澤 充 ベスト新書  
15 15/03 生ききる。 瀬戸内寂聴
梅原 猛
角川oneテーマ21  
14 15/03 いのちと勇気のことば 日野原重明 こう書房  
13 15/02 生と死を考える 曽野綾子
A・デーケン
春秋社  
12 15/02 どうせ死ぬなら「がん」がいい 中村仁一
近藤 誠
宝島新書  
11 15/01 食べて治す「がん」の特効食(第2集) 水野 卓 青春出版社  
10 15/01 食べて治す「がん」の特効食 水野 卓 青春出版社  
9 15/01 死の起源 遺伝子からの問いかけ 田沼靖一 朝日選書  
8 14/12 身近な死の経験に学ぶ 平山 実
A・デーケン
春秋社  
7 13/07 大往生 永 六輔 岩波新書  
6 13/07 熟年革命 渡辺淳一 講談社  
5 13/07 はじめての老い さいごの老い 立松和平 主婦の友社  
4 13/07 私の死への準備教育 大町 公 法律文化社  
3 13/07 ガン闘病ブログ 森實悟・満紀 中経出版  
2 13/06 小さな「悟り」を積み重ねる アルボムッレ・スマナサーラ 集英社新書  
1 13/06 「人間力」の育て方 堀田 力 集英社新書